「続ける理由」を作って認知症リスクを回避? ブレインパフォーマンスに特化したアプリ「Easiit」ができるまで──エーザイ久下正史×DeNA今吉友大

エーザイ株式会社と株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)の子会社であるDeSCヘルスケア株式会社は、認知症に備えるブレインパフォーマンスアプリ「Easiit」を7月28日にリリースしました。

「Easiit」は、ブレインパフォーマンスの維持・向上のためのルーティン化をサポートするアプリ。ユーザーの歩数・睡眠時間・体重・食事の記録を一括管理し、生活習慣の見直しや改善に役立てることができます。アプリはどのような経緯で生まれたのでしょうか。開発担当者である、エーザイの久下正史氏(以下、久下)とDeNAの今吉友大氏(以下、今吉)が開発当時を振り返ります。

エーザイ株式会社 久下正史

  • エーザイ株式会社 久下正史
    同志社大学卒業後、システム会社を経てネット系広告代理店、社内起業で代表取締役などを経験し、2016年からエーザイ株式会社へ。エーザイ では、2019年より認知症ソリューションを管轄するDTIEへ異動。担当業務はデジタルプラットフォーム開発。週末はサーフィン、剣道は三段。Easiitの歩数を上げるために小4の息子と日々4km走っている。


  • DeSCヘルスケア株式会社 今吉友大

    • DeSCヘルスケア株式会社 今吉友大
      システムインテグレーターを経て、2011年株式会社ディー・エヌ・エーに中途入社。Mobageプラットフォームにて各通信キャリアとの戦略的アライアンスの推進、決済領域のプロダクトマネージャー、新規事業立ち上げを歴任。2016年4月よりヘルスケア事業に参画し、kencomのプロダクト責任者を経て、Easiitの開発責任者を担当。Easiitの栄養素分析を見ながら、子どもたちの献立を考え、週に3日は夕食を作っている。

  • 各プロフィールは取材当時のもの

「製薬会社が作ったら、こうなるよね」を脱したかった

「製薬会社が作ったら、こうなるよね」を脱したかった
※新型コロナウイルス感染症のリスクを考慮し、一定の距離を保ちながら、撮影時のみマスクを外して対談を行なっています

久下:まずは「ブレインパフォーマンス」という言葉について説明が必要ですよね。これはエーザイが提唱している言葉で、文字通り、脳の健康や活動の度合いを指します。

たとえば、我々のように40〜50代になると、だんだんと物忘れが増えます。年齢的には管理職に就いて判断を迫られることが多いのだけど、うまく判断ができないと感じたり、冴えていない感じがしたりする。

脳のパフォーマンスを適度に維持できれば、仕事の成果にもつながりますし、健康にもいい効果を与えるはず。だから、脳の健康を意識しながら生活をしていくことは大切だよね、というスタンスで「ブレインパフォーマンス」という言葉を使っています。

――ブレインパフォーマンスを維持・向上するアプリ「Easiit」を開発するにあたって、エーザイとDeNAの2社が手を組んだ経緯について伺えますか?

久下:もともとは、我々エーザイ側で認知症エコシステムというものを構築しようという目的があって、このエコシステムを支えるデジタルプラットフォームを作ろうとしたのがきっかけでした。昨今、認知症予防のためには、運動、食事、睡眠などに気をつけるコトが大事であるというレポートがWHOなどからも出ていて、日々の健康情報を管理する事が大事であると考えていました。皆さんが普段から使っているスマートフォンで、毎日の健康状態のログを残すような形で実現できないか、という話がスタートでした。

DeNAさんと組もうとしたのは、ヘルスケアのアプリをすでに開発していて、成功例もあれば失敗経験ももっていたから。ただ一方的に受託会社にオーダーして作るのではなく、知見をもった企業とともに同じゴールをめざし、協力し合って良いものを作りたかったんです。

今吉:久下さんからお話を聞いて、まずその志に共感したんですよね。というのも、僕たちは健康増進をサポートするアプリである「kencom(ケンコム)」を開発していて、高齢化社会の現代において、生活習慣病の次の課題として認知症は無視できないと思っていました。

ただ、認知症のみに焦点を当てたアプリを作るのは、自社の知見だけでは難しい。そう考えていたときに、ちょうどお話をいただいたんです。

ブレインパフォーマンスを維持・向上するアプリ「Easiit」を開発するにあたって、エーザイとDeNAの2社が手を組んだ経緯について伺えますか?

久下:お互いのニーズがマッチしましたね。ただ、僕ら二人の合意はスムーズでしたが、製薬会社とIT企業の協業という意味では、大変な部分もありました。

今吉:そうですね。チーム単位では、志や価値観を話し合いながらスムーズに進めました。しかし、企業同士となると、医薬品の研究開発を生業としたエーザイさんとITサービスでグロースさせてきたDeNAでは、それぞれの培ってきた文化が違う。

エーザイさんの積み上げていくような事業構造に対して、僕たちは何回も打席に立ってユーザーに問いかけながらトライ&エラーを繰り返していく、というアプローチをとってきた。だから、お互いに使う言語が違うし、そのすり合わせに時間がかかった印象です。

久下:そもそも今回のアプリを作る上でのコンセプトは「製薬会社らしくないものを作る」こととしました。製薬会社なら「この栄養ドリンクにはこれが何mg入っている」とか、自動車メーカーであれば「こんなに燃費がいい」とか、電機メーカーであれば「こんなにバッテリーの持ちがいい」とかで勝負をしてしまう。製薬会社に限らず、日本の製造業界は常にスペック競争に走ってしまうように思います。

そういう文化をもった企業がアプリを作ると、とにかくたくさんの機能を入れようとしてしまう。でも、そこには全くユーザーの目線がなく、ユーザーのニーズを満たせない。なので、今回はユーザーの立場に立って「製薬会社らしくないアプリ」をDeNAさんと共に作りたいと思いました。

健康管理を習慣づけるには「続ける理由」が必要

健康管理を習慣づけるには「続ける理由」が必要

久下:「製薬会社っぽさ」から脱することは、お互いに話し合ったり工夫したり試行錯誤していく中で、きちんと到達できた部分です。

今吉:そうですね。まず一番意識したのは、「使い続けてもらう」こと。認知症って60代から1〜2%の方々がなり、70歳くらいから本格化する病気です。予防として考えると、もっと手前の40代くらいから、10年も20年でも使い続けられるようなアプリにしないといけない。そのコアなコンセプトを実現するためにも、必要な要素だけに絞り込んでいきました。

久下:社内でも「こういう機能があったほうがいいのではないか」などの声があがって、せめぎ合いになりましたね。ただ、今まで失敗してきた経験から、DeNAには「こういうものはユーザーが求めていない」というノウハウがある。そこは今吉さんからいろいろとご提案いただきましたね。

今吉:自分たちが作りたいものを作ったとしても、その価値がユーザーに届いていなかったり、そもそもユーザーが価値だと思っていなかったり……。今までの経験から、事業者の「こうしたい」よりも、ユーザー側の「こうなりたい」に応えていくほうが大事だと学ぶことができました。

久下:その視点は、僕たちにとっても新鮮でしたね。

今吉:ユーザーの視点に立ちながら、我々が掲げる「継続して使ってもらう」という最初のコンセプトを、アプリにどう落とし込んでいくかがポイントでした。一番注目してほしいのは、メニューとマイルです。

たとえばメニューでは、1日の歩数目標を提示します。厚労省が推奨しているのは1日8000〜1万歩。ただ、普段は3000歩しか歩いていない人に、いきなり8000歩の目標を提示してもハードルが高すぎて続かない。なので、その人の日常のレベルに合わせて、3000歩や4000歩などからスタートできるようにしています。

また、マイルはポイントプログラムのことです。日々のログインやメニューを完了するとマイルが貯まり、ギフト券や電子マネーに交換することができます。みんな健康を大切だと思っているけれど、それを維持するための行動はなかなか続きません。「健康は大切」という意識以上の欲求があるからです。「ラーメンが食べたい」とか「いつもより歩くのは面倒」とか。アプリ上で、ご褒美の形でマイルがもらえることで、初期の習慣づけにいい効果が生まれると思い実装しました。

久下:マイルの機能は、社内で賛否両論を生みましたね。やっぱり「製薬会社がポイントプログラムに手を出すのはどうか」という声はありました。でも、たとえばマイルがあることで「今日はちょっと疲れているけど、マイルを貯めるために少し歩くか」みたいな動機が生まれるようになる。健康のためではなくマイルのため、と目的がすり替わるんですよね。

今吉:健康になるための動機付けは大事ですね。あとは操作面も、とにかくシンプルであることにこだわりました。そもそもシンプルってなんぞや、という話でもあるのですが、端的に言えば、その画面で何をすればいいかが明確であること。

たとえば、Googleを見ればわかります。画面に検索窓がひとつだけ。あれがシンプルの究極の形ではないでしょうか。だから「Easiit」も、食事や睡眠、体重の管理など、初見で何をすればいいのかすぐに分かることを意識しました。そこにこだわった結果、いろんな機能が削ぎ落とされていったんです。

いずれ家族で使ってもらえるようなアプリへ

いずれ家族で使ってもらえるようなアプリへ

久下:「Easiit」を開発する上で、さまざまな人にヒアリングやアンケート、取材などを行いました。印象的だったのは、家族間の仲が良くて距離が近い方々ほど、認知症への向き合い方がうまくいっているように見えること。日替わりで家族が役割分担をしながら介護をしたり、相談して今後の方向性を決めたりしている。

逆にうまくいっていないケースは、介護する側の方が遠くに住んでいたり仕事が忙しかったり、仲が悪かったりして、誰かひとりに押し付けてしまっていることが多い。

やはり認知症は一人ではなく、何人かのチームの形で助け合って向き合っていくことが必要な病気なんだと改めて感じました。だからこそ、このアプリは今後、一人ではなく家族全員で使ってスコアを競い合ったり、医師に健康状態を共有できたりするようなアプリになってほしいです。

今吉:僕もまさに同じイメージですね。ただ、実際に使ってほしい60〜70代のユーザー層の方が自分一人でこのアプリに到達することは難しいと思うので、できれば40〜50代のお子さんが「お父さんお母さん、こんなアプリがあるよ」と教えてくれたらうれしいですね。

まだリリースして2週間(取材当時)ですが、すでに一定数の方が継続的に利用しています。いろいろなサービスをリリースしていると、初速で「あ、これダメだな」と感じることがありますが、今回は手応えを感じています。

今後も順次新しい機能を実装しますが、ユーザーが使いやすくなるように充実させていき、将来的には僕たちが思い描いている「家族やかかりつけの医師と提携できるようなアプリ」までもっていきたいですね。

 

アプリはこちらからダウンロードいただけます。


文:園田もなか 編集:水上歩美(ノオト) 撮影:栃久保誠

歩数管理して、運動習慣を身につけよう!

Easiitアプリは、Fitbitやヘルスケア(iOSアプリ)と連携することで、かんたんに歩数を記録できます。
記録した歩数などは自動でスコアリングされ、ブレインパフォーマンスによい健康習慣を持続しているかを確認できます。
ダウンロードする

Easiitアプリについて詳しく知る

FEEDBACK 評価 / コメントする

RECOMMEND おすすめ記事

【連載】プロ・トレイルランナー鏑木毅さんvol.1「人生を切り拓くマインドセット」 

【連載】プロ・トレイルランナー鏑木毅さんvol.…

COLUMN
by Eisai
5点中4.00893点の評価
112
戦国ヘルパー1話

戦国ヘルパー 〜もし武将がMCIになったら〜 1話

COLUMN
by Eisai
5点中4.02193点の評価
228
【連載】プロ・トレイルランナー鏑木毅さんvol.2「脳をだますことから始めるマインドセット」

【連載】プロ・トレイルランナー鏑木毅さんvol.…

COLUMN
by Eisai
5点中4.21839点の評価
87
認知症と診断されたら最初にすべきこと

認知症と診断されたら最初にすべきこと

COLUMN
by Eisai
5点中4点の評価
68
INTERVIEW ブランディングで、無形の思いを「新しいカタチ」に 堀口珈琲COO 伊藤亮太さん 第2回

──INTERVIEW ブランディングで、無形の…

COLUMN
by Eisai
5点中4.03226点の評価
93

PICK UP ピックアップ

認知症の家族との“いい時間”の過ごし方 「もうひとつの世界」を受け止めるために vol.2

認知症の家族との“いい時間”の過ごし方 vol.…

LIFE
by Eisai
5点中4.45455点の評価
11
戦国ヘルパー5話

戦国ヘルパー 〜もし武将がMCIになったら〜 5話

COLUMN
by Eisai
5点中4.33333点の評価
18

CATEGORY カテゴリ

  • CONDITION

    脳のコンディションをサポートする
    情報を掲載。

    一覧へ
  • FOOD

    健康的な食習慣に関する
    情報を掲載。

    一覧へ
  • FITNESS

    健康のための体づくりに関する
    情報を掲載。

    一覧へ
  • LIFE

    自分や身近な人の
    脳の健康ケアについて掲載。

    一覧へ
  • BRAIN PERFORMANCE

    脳のパフォーマンスを有効活用する
    情報を掲載。

    一覧へ
  • COLUMN

    脳の健康に関する特集を掲載。

    一覧へ

Easiit Mag利用規約

はじめに

エーザイ株式会社(以下、「当社」といいます)がEasiit IDを登録した会員(以下、「会員」といいます)向けに運営する、認知症を含むヘルスケア(運動、食事、睡眠など)等に関するコンテンツを提供するサービスEasiit Mag(以下、「当サービス」といいます)のご利用に当たっては、以下の注意事項を熟読いただき、この利用規約(以下、「当規約」といいます)に同意された場合にのみご利用ください。同意いただけない場合には、誠に申し訳ございませんがご利用をお控え下さい。なお、当サービスをご利用いただいた場合には、下記内容に同意いただいたものとさせていただきます。また、当規約については、当社の判断により変更する場合があります。当規約の変更後に会員が当サービスを利用した場合、当該会員は変更後の規約の内容に同意したものとします。

サービス内容

当サービスは、認知症を含むヘルスケア(運動、食事、睡眠など)等に関するニュース、レシピなどのコンテンツが読める会員向けサービスです。 Easiit IDを利用して、当サービスにログインすることにより、利用者は記事にコメント投稿、評価を行うことができます。

禁止行為

会員は本サービスを利用するにあたり、以下の各号に規定する行為・投稿をしてはならないものとします。

  • 犯罪行為に結びつく、もしくは助長する内容
  • 法令に反する内容
  • 営利宣伝目的を含む内容
  • 特定の政治的または宗教的主張を含む内容
  • 根拠なく当社または第三者の評判を毀損しまたは信用不安を引き起こすおそれのある内容
  • 当社または第三者の著作権、名誉、プライバシーその他の権利を侵害しまたはそのおそれのある内容
  • 差別的表現を含む内容
  • 低俗、有害、下品その他他人に嫌悪感を与える内容
  • 有害なプログラム、スクリプト等を書き込む行為
  • その他当社が不適切と判断する行為

マイル付与

当社は、Easiit Mile利用規約に従い、当社が定める方法により、本サービスの利用に応じてお客さまにマイルを付与することができるものとします。
当社は、会員に事前に通知することなく、マイル付与条件を新設、変更、終了することができるものとします。

以上

同意する