「ワーキングメモリ」を強化する実践脳トレ!

「最近、ど忘れやうっかりミスが多い」「やるべきことに集中できない……」

その原因は、脳の司令塔である「ワーキングメモリ」がうまく機能していないせいかもしれません。パズル作家であり、人が問題を解くときの「脳の仕組み」を研究してきた北村良子さんに、仕事のミスを減らし、スピードを高めるための脳トレ方法を教えてもらいます。最後に脳トレパズルにも挑戦!

教えてくれる人

  • 北村良子さん

    北村良子さん
    (有)イーソフィア代表取締役 1978年生まれ。パズル作家としてwebで展開するイベントや企業のキャンペーン、書籍や雑誌に向けたパズルを数多く作成している。今までに作成したパズルは5万問を超え、児童向けから高齢者向けまで幅広く活用されている。著書に、13万部を突破した『論理的思考力を鍛える33の思考実験』、『発想力を鍛える33の思考実験』(ともに彩図社)、『脳を鍛えると生産性が上がる』(ぴあ)ほか多数。

仕事が早い人は「脳力」が高い

仕事が早い人は「脳力」が高い

集中して作業をしているときに上司に「16時の会議までに資料のコピーを20部取っておいて」と頼まれたとしましょう。別の作業をしていてすぐに取り掛かることができないため、あなたは脳内の「記憶のメモ帳」である「ワーキングメモリ」に「16時までに20部コピーを取る」とメモを取り、再び元の作業に戻ります。ワーキングメモリは、このように少しの間だけ情報を脳内に保持する役割を担っています。

このとき、ワーキングメモリがうまく機能していないと、いざコピーを取ろうとしたときに「あれ、会議は何時からだったっけ?」「何部コピーを取ればいいのだっけ?」と、ど忘れをした状態になってしまいます。別の作業に集中したり、「今日のお昼ごはんは何を食べようかな」といった程度のことを考えるだけで、メモしたはずの情報が簡単に失われてしまうのです。

私たちの脳が実際に行っている仕事は、これ以上に複雑で多くの作業を並行しているので、ワーキングメモリは大忙しです。

例えば、仕事A、B、Cの3つを抱えているとしましょう。このとき、スムーズにABCの仕事をこなせる人は、仕事Aに100%の力を注いでいるように見えて、脳の無意識下では仕事BとCにも意識を向けています。ワーキングメモリの空き容量に余裕があるため、「バックグラウンド」で仕事BとCのことを考えることができるのです。また、ワーキングメモリの働きがよく、思考の切り替えもスムーズなので、BとCに意識を向けつつも集中してAに取り組む、というマルチタスクが可能になるのです。

このようにワーキングメモリを有効に使うことができれば、今よりも多くの仕事を短時間でこなすことができるようになります。同時に捉えておける情報量が増えるため、必然的に思考の幅や視野が広がり、人が話している内容や文章の要点も的確にとらえることができます。

ワーキングメモリは「整理する」「容量を増やす」の2軸で強化

ワーキングメモリは「整理する」「容量を増やす」の2軸で強化

ワーキングメモリを有効に使い、サクサクとマルチタスクをこなすためには、「ワーキングメモリを整理する」「ワーキングメモリの容量を増やす」の2軸で対策をとっていくことが有効です。

まずは、ワーキングメモリを整理しましょう。デスク周りを片付けて視覚から入ってくる余計な情報を減らしたり、ToDoリストにやるべきことを書きだしておいていったん忘れることで、ワーキングメモリの無駄な情報を消去できます。

また、今できることは後回しにせずにすぐに実行に移すことで、「あとでメールの返信をしなきゃ」などと余計な考え事をせずに済みます。今すぐにできないことは、ToDoリストにメモしましょう。

パズルでワーキングメモリを強化する!

ワーキングメモリを鍛え、蓄えられる情報量を増やすために最も有効なのは、新しいことに挑戦することです。以前から勉強してみたかったことを勉強したり、行ったことのない場所に出かけると、脳はこれまでの回路だけでは処理できずに活発に働き、成長することができます。

とはいえ、なかなか新しいことに取り組めない、という人におすすめなのが、パズルです。

パズルの魅力は、脳にとっての「新たな出会い」が圧倒的に多いことです。新しい問題に出会えば、ワーキングメモリは未知の問題を乗り越えようと、脳内からいろいろな解法を集め、思考を始めます。

パズルはゲーム感覚で解くことができるので、楽しく脳を鍛えることができます。「楽しい」と感じることは脳を喜ばせ、強く活性化します。手軽さ、効果、楽しさがそろったパズルこそ、ワーキングメモリを鍛えるための一番の方法だと考えています。

早速、パズルに挑戦してみましょう!

パズルでワーキングメモリを強化する!

各目標時間は、あくまで目安として設定されています。目標時間が存在することで、脳は時間を意識します。それにより、脳は活発に働くようになり、集中力も向上します。

① 4つの数で10パズル(目標時間:3分) 

□に演算子(+、-、×、÷)を1つずつ入れて、計算式を成立させてください。演算子は下のリストから選んでください。

ワーキングメモリ強化脳トレ① 4つの数で10パズル(目標時間:3分)

10を目指して計算を繰り返すことで、計算力、集中力、試行錯誤力などが鍛えられます。たし算、ひき算、かけ算、わり算という簡単な計算を、短時間で幾通りも繰り返すことで、前頭前野を中心とした脳の広い範囲を活性化させることができます。

【答え】

4つの数で10パズル-2

マスの数と演算子が決まっているので、総当たりのように解いても解くことができますが、やみくもに組み合わせるよりも、少しでも手数が少なくなるように考えながら組み合わせることが解決のコツです。また、計算の順序(+と-より×と÷のほうが優先)も頭に置いて解く必要があります。

② スリザーリンク(目標時間:3分) 

下記ルールに従って、1つのつながった線を引いてください

ワーキングメモリ強化脳トレ② スリザーリンク(目標時間:3分)

【ルール】

  • ●と●の間に線を引きます
  • 線は枝分かれや交差することなく、全体で1つの輪を作ります
  • マスにある数字は、そのマスの何本の辺に線が引かれるかを表しています

ワーキングメモリ強化脳トレ② スリザーリンク(目標時間:3分)

書き込みを想定したパズルですが、この難易度であれば頭の中で解くことでワーキングメモリを鍛える効果が高まります。確実にわかるところから埋めていかないと間違えたまま進めてしまう恐れのある注意力と集中力が試されるパズルです。難易度が上がると、ここに線があるとすると、ここには線はないというふうに、数手先を読まないと解けないパズルになります。

【答え】

スリザーリンク-6

0とあるマスの周りには線がない、3であれば1か所だけ線がないといったわかりやすいポイントから攻めていくと突破口を見つけやすくなります。確実にわかるところ以外には線を引かないことが最大のコツで、推測で線を引いてしまうとどんどん間違えてしまい、気づいた時にはどこから間違えていたのかわからなくなってしまうかもしれません。

③ レベルアップ問題! ライトパズル(目標時間:10分) 

ライトを触ると、そのライトと、上、下、左、右のライトが反転(点灯なら消灯、消灯なら点灯)します。すべてのライトを点灯させるためには、どのライトを触ればいいですか。

〇…点灯 ●…消灯

ワーキングメモリ強化脳トレ③ レベルアップ問題! ライトパズル(目標時間:10分)

  • ワーキングメモリを使うため、途中経過を紙にメモせずに解いてください。

頭の中でライトの動きを追うことで、一時的に記憶を保持する力を鍛えることができます。

最後の1回で消せるようにと考えることで、ゴールから逆算する思考回路も活性化します。

【答え】

ライトパズル-3

1つライトを触ると周囲も同時に反転してしまうことから、最後にライトに触れる前はどのようになっているかを想像し、それに近づけるように考えていくと答えにたどり着けるでしょう。目標を設定し、それに向かって想像力を働かせながら試行錯誤をすることで、確実に答えに近づいていくことができるパズルです。

「ながら脳トレ」もおすすめです

「ながら脳トレ」もおすすめです

運動には、凝り固まった脳をほぐす作用があります。きついトレーニングではなくても、ストレッチをしたり、10分ほど散歩をするだけで、停滞していた血流が循環して脳にも流れ込み、頭がよく回るようになります。

さらに、運動を脳トレーニングと組み合わせると、ワーキングメモリの強化に効果的です。

例えば、下記のような方法を試してみましょう。

  • 歩きながらしりとりをする
  • 足踏みをしながら3と5の倍数のときだけ手をたたく
  • 歩きながら3~7桁くらいのランダムの数字を言い、直後に逆から再生する

複数人で行うと、コミュニケーションが活発になるためさらに脳が活性化するのでおすすめです。

パズルや「ながら脳トレ」で楽しく脳を鍛えることで、仕事の生産性が驚くほど上がることを実感できるでしょう。


企画・編集 株式会社エアリーライム パズル提供 北村良子 ライター 藤森優香

FEEDBACK 評価 / コメントする

PICK UP KEYWORD 注目キーワード

Magサイトで注目されているキーワードをご紹介します。

CATEGORY カテゴリ

  • CONDITION

    脳のコンディションをサポートする
    情報を掲載。

    一覧へ
  • FOOD

    健康的な食習慣に関する
    情報を掲載。

    一覧へ
  • FITNESS

    健康のための体づくりに関する
    情報を掲載。

    一覧へ
  • LIFE

    自分や身近な人の
    脳の健康ケアについて掲載。

    一覧へ
  • BRAIN PERFORMANCE

    脳のパフォーマンスを有効活用する
    情報を掲載。

    一覧へ
  • COLUMN

    脳の健康に関する特集を掲載。

    一覧へ

Easiit Mag利用規約

はじめに

エーザイ株式会社(以下、「当社」といいます)がEasiit IDを登録した会員(以下、「会員」といいます)向けに運営する、認知症を含むヘルスケア(運動、食事、睡眠など)等に関するコンテンツを提供するサービスEasiit Mag(以下、「当サービス」といいます)のご利用に当たっては、以下の注意事項を熟読いただき、この利用規約(以下、「当規約」といいます)に同意された場合にのみご利用ください。同意いただけない場合には、誠に申し訳ございませんがご利用をお控え下さい。なお、当サービスをご利用いただいた場合には、下記内容に同意いただいたものとさせていただきます。また、当規約については、当社の判断により変更する場合があります。当規約の変更後に会員が当サービスを利用した場合、当該会員は変更後の規約の内容に同意したものとします。

サービス内容

当サービスは、認知症を含むヘルスケア(運動、食事、睡眠など)等に関するニュース、レシピなどのコンテンツが読める会員向けサービスです。 Easiit IDを利用して、当サービスにログインすることにより、利用者は記事にコメント投稿、評価を行うことができます。

禁止行為

会員は本サービスを利用するにあたり、以下の各号に規定する行為・投稿をしてはならないものとします。

  • 犯罪行為に結びつく、もしくは助長する内容
  • 法令に反する内容
  • 営利宣伝目的を含む内容
  • 特定の政治的または宗教的主張を含む内容
  • 根拠なく当社または第三者の評判を毀損しまたは信用不安を引き起こすおそれのある内容
  • 当社または第三者の著作権、名誉、プライバシーその他の権利を侵害しまたはそのおそれのある内容
  • 差別的表現を含む内容
  • 低俗、有害、下品その他他人に嫌悪感を与える内容
  • 有害なプログラム、スクリプト等を書き込む行為
  • その他当社が不適切と判断する行為

マイル付与

当社は、Easiit Mile利用規約に従い、当社が定める方法により、本サービスの利用に応じてお客さまにマイルを付与することができるものとします。
当社は、会員に事前に通知することなく、マイル付与条件を新設、変更、終了することができるものとします。

以上

同意する