もしかして認知症かも? 早期発見のポイント

多くの病気と同様、早期発見が重要なのは認知症も同じ。早期で治療すれば、進行を抑えられたり、症状が改善したりするケースもあります。

こんなことに思い当たったら認知症かも?

介護家族が作った「認知症」早期発見の具体的症状リスト

認知症は、症状がはっきりする前から少しずつ進行しているもの。「何かがおかしいな」と感じて病院に行ったら認知症と診断された、という例も多いといいます。

「認知症の人と家族の会」会員である介護家族の経験から、認知症の始まりではないかと思われる言動をまとめました。日常生活のなかでの目安としてお役立てください。

もの忘れがひどい

  • 今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる
  • 同じことを何度も言ったり、聞いたりする
  • しまい忘れ、置き忘れが増え、いつも探し物をしている
  • 財布、通帳、衣類などを盗まれたと人を疑う

判断・理解力が衰える

  • 料理、片付け、計算、運転などのミスが多くなった
  • 新しいことが覚えられない
  • 話のつじつまが合わない
  • テレビ番組の内容が理解できなくなった

場所・時聞がわからない

  • 約束の日時や場所を間違えるようになった
  • 慣れた道でも迷うことがある

人柄が変わる

  • 些細なことで怒りっぽくなった
  • 周りへの気づかいがなくなり、頑固になった
  • 自分の失敗を人のせいにする
  • 「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われた

不安感が強い

  • ひとりになると、怖がったり寂しがったりする
  • 外出時、持ち物を何度も確かめる
  • 「頭が変になった」と本人が訴える

意欲がなくなる

  • 下着を替えず、身だしなみを気にしなくなった
  • 趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった
  • ふさぎ込んで何をするのもめんどうくさがり、いやがる

多くの病気と同じく、認知症も早く見つけて早く対応することが大切。早期の治療ができれば、それ以降の本人、そして家族の生活が大きく変わるのです。

いくつか思いあたることがあれば、まずは専門家に相談してください。何でもないと診断されれば安心ですし、万が一、他の病気が見つかれば対応できます。

認知症と間違えられやすい症状

加齢にともなうもの忘れのほか、気分が落ち込むうつ状態、意識障害(せん妄)、病気治療のために飲んでいるお薬による影響でも、認知症と似た症状はみられます。これらを認知症と正しく区別することは、非常に重要です。心配になったら、医師の判断を仰ぎましょう。

認知症を早期発見するためのポイント

早期発見のための「もの忘れ」目安リスト

もし認知症が疑われるならば、現在の日常生活と1年前の状態を比べてみましょう。あくまで目安ですが、下記のリストが参考になります。

リストの数字(2/1/0)いずれかの数字を押すと、点数が自動的に計算されます。

  • 2・・・変わらない
  • 1・・・多少悪くなった
  • 0・・・とても悪くなった

※計算表入る(下記はイメージ)

① 曜日や月がわかる
② 前と同じように道順がわかる
③ 住所・電話番号を覚えている
④ 物がいつもしまわれている場所を覚えている
⑤ 物がいつもの場所にないとき、見つけることができる
⑥ 洗濯機やテレビのリモコンなどの電気製品を使いこなせる
⑦ 自分で状況にあった着衣ができる
⑧ 買い物でお金を払える
⑨ 身体の具合が悪くなったわけではないのに、気力がなくなってきた
⑩ 本やテレビの内容がわかる
⑪ 手紙を書いている
⑫ 数日前の会話を思い出すことができる
⑬ 数日前の会話の内容を思い出させようとしても難しい
⑭ 会話の途中で言いたいことを忘れることがある
⑮ 会話の途中で適切な単語がでてこないことがある
⑯ よく知っている人の顔がわかる
⑰ よく知っている人の名前を覚えている
⑱ その人たちがどこに住んでいる、仕事などがわかる
⑲ 最近のことを忘れっぽくなった
合計
0

※本間昭・お多福もの忘れクリニック 監修

 (フランスの精神科医リッチーらによる論文=1996年=をもとに作成)

合計点が24点以下だった場合、まずはかかりつけ医に相談してみるか、最寄りの相談窓口(かかりつけ薬局、地域包括支援センター等)に問い合わせてみることをおすすめします。

病院へ行く前に知っておきたいこと

受診前に知っておきたい基礎知識

認知症の疑いで病院を受診する前に、知っておきたい基礎知識をQ&A形式でまとめます。

Q. そもそも医師の診断は必要なの?

ひとくちに認知症といっても、原因やタイプによって種類はさまざま。どんな認知症かによって、その後の生活上の注意点や治療方法が変わるため、医師の診断による見極めは大切です。

また、何かの病気が原因で認知症の症状がみられるのであれば、原因となる病気の治療が必要となります。

Q.何科に行けばいいの?

一般的には、神経内科、精神科、心療内科、脳神経外科、あるいは「もの忘れ外来」などの専門外来で診てもらえます。

何科を受診したらよいか迷ったときは、かかりつけ医に相談し、紹介してもらうとよいでしょう。地域の保健所の高齢者相談センターなどでも相談できます。

Q.どのようにして検査するの?

一般的には、医師と対面して問診で診断します。記憶や認知機能の程度を調べる検査や、脳の状態を視る画像検査が行われることもあります。

代表的な検査には、日時や物の形の認識、簡単な計算、数分前に見た物の記憶などを調べる「認知機能検査」、CTやMRIなどを使って脳の萎縮、梗塞や出血の有無などをみる「画像検査」があります。

また、他の病気が原因になっている場合と鑑別するため、血液検査や心電図検査などの一般的な身体検査、運動機能や神経の働きを調べる神経学的検査が行われることもあります。

受診するときの家族の心構え

医師が診断をくだす際は、普段の本人の様子を知っている家族の話が役立ちます。付き添う家族は、あらかじめ下記の事項を紙や手帳に書いて整理しておくとよいでしょう。認知症の原因や進行を診断するときの参考になります。

【受診に先だって整理しておきたい項目】

  • もの忘れは、日常生活に支障をきたすほどのものか
  • 最初の異変は、突然出てきたのか
  • この半年の間に症状は進行したか
  • 本人のこれまでの病気や服用中の薬

出典:相談e-65

編集:有馬ゆえ、水上歩美(ノオト)

歩数管理して、運動習慣を身につけよう!

Easiitアプリは、Fitbitやヘルスケア(iOSアプリ)と連携することで、かんたんに歩数を記録できます。
記録した歩数などは自動でスコアリングされ、ブレインパフォーマンスによい健康習慣を持続しているかを確認できます。
ダウンロードする

Easiitアプリについて詳しく知る

FEEDBACK

クリアな思考でアクティブな毎日を。
あなたの人生と脳に、ひらめきと知識を与えるWEBマガジンです。

利用規約に同意してEasiit Magを利用する

OK