49才からマラソンを始めたランナーの話

by Wendy Meyer | Shape
5点中4.35897点の評価 78

Photo: Wendy Meyer

As my friend Paula and I waited to board our return flight back to Orange County, California, we began reflecting on the past three days in New York City and the whirlwind of adventures we had. Sure, we saw the sights and bright lights, but that’s not what brought us to Manhattan: We came to run the Shape Women’s Half Marathon, for what would be our 83rd race together.

私は友人のポーラと、カリフォルニア州オレンジカウンティに戻る飛行機を待ちながら、ニューヨークでの3日間のめくるめく冒険を振り返りました。もちろん、ニューヨークの光景と賑わいも楽しみましたが、マンハッタンを訪れた理由は別にありました。2人で走る83回目の大会、「Shape Women’s Half Marathonに参加したのです。

Paula and I had already completed four marathons and 79 half marathons, but the journey it took us both to get there still surprises us. I’d like to say that distance running was a bucket list goal we both had for years, but the truth is, until 12 years ago, neither of us even knew how long a half-marathon distance was, let alone thought we could actually run one in Central Park.

ポーラと私は、フルマラソンを4回、ハーフマラソンを79回完走していますが、そこに至るまでの道のりには私たちも驚いています。マラソンは私たちにとって長年の目標だったと言いたいところですが、実際のところ、12年前まで、2人ともハーフマラソンの距離さえ知りませんでしたし、まさかハーフマラソンでセントラルパークを走るなんて想像もできませんでした。

Getting Our Health In Order

きっかけは健康維持

Paula and I are far from natural-born athletes, and we still struggle to think of ourselves that way. We’d never even run a 5K before someone talked us into signing up for a half marathon in 2008, but it was that year when our lives took a 180-degree turn.

ポーラと私は生まれながらのアスリートというわけではありませんし、今でも自分たちをアスリートと呼ぶことにはためらいがあります。2008年にハーフマラソン大会に参加するまで、5kmを走った経験さえありませんでした。ところがその年を境に、2人の人生はすっかり変わりました。

Rewind to 2001, I was coming out of a divorce and working as a production supervisor at night and going to college during the day to finish a science degree I was determined to complete. I was home studying one day while watching The Oprah Winfrey Show and her guest was Dr. Oz. During the segment, he was holding a model representing the lung of a smoker and demonstrated how it looks when a smoker inhales a cigarette. Having smoked for many years at that time, I normally avoided listening to these kinds of demonstrations, but that day, I watched with new eyes. To say I was shocked would be an understatement.

2001年、私は離婚し、夜間に製造現場の監督をしながら、日中は大学に通って理科系学位の取得を目指していました。ある日、家で勉強しながらアメリカの人気トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」を見ていると、ゲストにオズ医師が出演していました。番組内でオズ医師は、喫煙者の肺の模型を使って、煙草を吸ったときの肺の様子を紹介していました。私は当時長いこと喫煙を続けており、この種の解説はいつも避けていましたが、その日は目から鱗がボロボロ落ちていきました。打ちのめされたと言っても良いでしょう

I couldn’t wait to get to work and share what I saw with Paula, who was also my co-worker. I told her, bluntly, “we should stop smoking. ” We both agreed, and within three months, we both had successfully reached our goal.

職場に行って、同僚でもあるポーラに番組で見たことをすぐさま話しました。そして、「私たちも禁煙すべきだ」と単刀直入に伝えました。ポーラも賛同し、3カ月足らずで2人とも禁煙という目標を達成しました。

Looking back, this was the first of many milestones for us. (P.S. I know that not everyone who tries to stop smoking succeeds or succeeds as quickly as we did. Luckily, this is just what happened for us, and I think having a friend and partner to go through the experience with helped immensely.)

振り返ってみると、これが私たちの最初の成果でした(なお、誰もが禁煙に成功するわけではないことも、これほど短期間に成功するのは容易でないことも、承知しています。同じ経験を乗り越えるパートナーとなる友人の存在が大いに役に立ったと思います)。

As the years passed, Paula and I became become even closer as we partnered together in our new healthy lifestyle. We supported each other through more than just quitting smoking; we shared failed relationships and failed diets and become each other’s health advocates.

やがてポーラと私は、新しい健康的なライフスタイルを共に実践する仲間としてさらに絆を深めていきました。禁煙以外にも、恋愛やダイエットに失敗したときに支えあい、お互いの健康をサポートしてきました。

Becoming Runners

そしてランナーに

2007, We committed to walking the first 30 minutes of our one-hour lunch break. Conveniently, there was a 1-mile track around the building where we worked. In the beginning, it took us 28 minutes to make the 1-mile walk, and we were exhausted and out of breath by the end of it. Our initial goal was simply to do it without losing our breath. We soon surpassed that, and within three months we were speed-walking two loops around the track in the same half-hour timespan.

2007年には、私たちは1時間の昼休みの前半30分をウォーキングに充てていました。幸い、私たちの職場の近くには約1.6kmのトラックがありました。初めは1マイル歩くのに28分かかり、終わる頃には疲れて息が上がっていました。最初の目標は、ただ呼吸を乱さずにウォーキングするというものでしたが、すぐにこの目標を達成し、3カ月経たないうちに、30分でトラックを2周できるほどのスピードで歩けるようになりました。

Plus, we talked nonstop because we no longer needed every bit of our breath to complete the distance. We continued our walks, and slowly we gained more confidence not just in our physical abilities but in our jobs too. We applied the same determination we had in speed walking to our careers, and soon we were both given more responsibilities at work. The recognition gave us both strength and confidence.

しかも、呼吸を乱すこともなくなっていたため、歩きながらずっとおしゃべりしていました。ウォーキングを続けるうちに、体力だけでなく仕事に対する自信も徐々に高まっていきました。速いペースでウォーキングし続けるには強い意思が必要ですが、この強い意思を仕事でも持つようにしたら、やがて2人とも職場でより重い責任を任されるようになりました。評価されることでよりタフになり、自信を深めていきました。

One afternoon, a co-worker named Holger (who had noticed our lunchtime sessions) suggested we enter a half marathon. “Wow, are you kidding me, how far is that?” we asked. As you might infer by now, we don’t back down from a challenge, so once the idea was planted, we began training immediately. We were currently walking two miles, so we upped it to six. Increasing the distance that quickly was quite tough on our bodies, but we powered through.

ある日の午後、私たちの昼休みの運動に気付いていたホルガーという同僚から、ハーフマラソンへの参加を勧められました。「冗談でしょ、でも距離はどれくらいなの?」と尋ねました。既にお気づきかもしれませんが、私たちは挑戦を拒みません。アイデアをもらってすぐにトレーニングを開始しました。当時のウォーキング距離は約3.2kmでしたが、その3倍の約9.6kmに延ばしました。余りに急激に距離を延ばしたため、体には負担でしたが、なんとか持ちこたえました。

Holger didn’t know it at the time, but his passing thought would change our lives. I’ll never forget Mile 11 of that first race when I realized we were actually going to finish. With his encouragement, at 49 years old, I crossed the finish line of the half marathon and had a medal placed around my neck.

当時、ホルガーにその意図はありませんでしたが、彼の思いつきがポーラと私の人生を変えました。最初のレースの18km手前で、もうすぐゴールするのだと悟った瞬間は生涯忘れられません。ホルガーに応援されながら、私は49歳でハーフマラソンのゴールを切り、メダルを首にかけたのです。

From that moment on, Paula and I were hooked.

その瞬間からポーラと私は、マラソンに夢中になりました。

Setting Our Sights On New Goals

新しいゴールに向かって

In October 2018, Paula and I began making plans to treat ourselves to a “girl’s weekend” in NYC. We had been there before but spent most of the trip exploring the city by bike.

2018年10月、ポーラと私はニューヨークでの「週末女子旅」を自分たちのご褒美にする計画を立て始めました。以前訪れたときは、自転車での市内観光に大半の時間を費やしました。

We felt there was so much we missed while whizzing by via bike, and we wanted to see it all. In researching our plans, I came across an ad for the 2019 Shape Women’s Half Marathon, which has a course that runs through Central Park. It took us all of two seconds to decide to sign up.

自転車に乗っているといろいろなものを見逃してしまうと感じた私たちは、心ゆくまでニューヨークを満喫しようと思いました。旅の情報を調べていたら、2019年「Shape Women’s Half Marathon」の広告に目がとまりました。セントラルパークを走り抜けるコースがあることを知った私たちは、すぐに参加を決断しました。

This race was just the excuse we needed to achieve what we hadn’t the first time around—seeing the New York sites on foot. By then, we’d already run so many races, but knew we’d need to be specific about how we’d train for this race. (Related: How to Taper for Any Race—and Why You Should)

最初の旅行では、ニューヨークの名所を自分の足で巡ることができなかった私たちにとって、このレースは、再びこの街に来るための最高の口実となりました。この頃には、多くのマラソン大会に参加していましたが、このレース専用のトレーニングプランが必要だと気づいていました。

We began our training runs on the flat Huntington Beach boardwalk in California, but then remembered biking up the hills in Central Park during our previous trip. We’d struggled with those hills even on our bikes, so we changed courses and moved our training to the hills surrounding Lake Mission Viejo.

ポーラと私は、カリフォルニア州ハンティントンビーチにある平坦なボードウォークを走るトレーニングに取りかかりましたが、前回の旅行でセントラルパークの丘を自転車で登ったことを思い出しました。セントラルパークの丘はアップダウンのあるつくりで、自転車でも登るのに苦労したため、より適切なトレーニングを行うためにトレーニングコースをミッションビエホ湖を囲む丘に変更しました。

Before the race, we were watching the NYC weather forecast closely, and it was projected to be cold and rainy—conditions we weren’t used to running in. The closest we could get to that in California was the chilly early mornings, so we got up at 5:30 A.M. on the weekends, layered up, and started running.

レース前にはニューヨークの天気予報をこまめに確認しました。当日は冷え込んだ雨模様という予報で、私たちはこうした天候で走ることには慣れていませんでした。カリフォルニア州でその天候に最も近いのはせいぜい早朝の冷え込む時間帯です。そこで週末の朝は5時 30分に起き、重ね着をして走り始めました。

Race Day

レース当日

The morning of the Shape Women’s Half Marathon we had butterflies in our stomachs. This was it. We made it to New York to the starting line. We had trained for the last six months for this race, and all our strategy and research hinged on this one perfect morning in Central Park. We looked on in amazement at all the women arriving and we were fueled by their energy as the race kicked off.

「Shape Women’s Half Marathon」の朝、ポーラと私は緊張でそわそわしていました。いよいよそのときです。ニューヨークでスタートラインに立ちました。6カ月間トレーニングを重ね、作戦を練り、リサーチした成果は、このセントラルパークでの完璧な朝のレースで決まります。続々と到着する女性に圧倒されていましたが、レースが始まると彼女たちのエネルギーに背中を押されました。

Ironically, the weather we trained for was not the weather we got. It was seasonably warm in Central Park, so we slowed our pace and stayed hydrated. We maintained a pace that allowed us to enjoy every step of the race. We crossed the finish line and gave each other a high five. Having a medal placed around our necks after committing to a months-long training schedule and staying on pace for the full 13.1 miles was a true testament to our friendship and love of running. We’ve both set numerous goals over the years together, but this experience was one of a kind.

皮肉なことに、その日の天気は私たちの予想を裏切りました。セントラルパークは暖かかったため、私たちはペースを落とし、水分補給を心がけました。ペースを保って一歩一歩を楽しめるようにしました。そして無事ゴールし、ハイタッチを交わしました。何カ月ものトレーニングスケジュールをこなし、約21kmの全走路でペースを維持した末にメダルを手にしたことは、私たちの友情とランニングへの情熱の正真正銘の証です。これまでも長年にわたって多くの目標を共に設定してきましたが、この経験は唯一無二のものでした

Looking Ahead

今後を見据えて

I’m now 60 and Paula is 57, and we’re still setting goals and making plans to keep our bodies moving. We run and talk and run and cry and run some more. We get together for early morning runs and hold each other accountable if the other wants to bail. We still participate in six or seven half marathons a year.

現在私は60歳、ポーラは57歳ですが、今でも目標を設定してプランを練り、体を動かし続けています。走ってはおしゃべりをして、走っては泣いたりもしながら、それでも走っています。早朝に一緒に走るようにしており、どちらかがさぼりたくなるときの歯止めとなっています。今でも年に6~7回ハーフマラソンに参加しています。

I’ve even trained a small group of people for their first half marathon. I paced another group for the LA Marathon and speak to new runners about all of the things Paula and I had to learn the hard way.

私は、初めてのハーフマラソンに備える少数グループのコーチ役も経験しました。ロサンゼルスマラソンで別のグループのペースメーカーを務めたり、ポーラと私が苦労して学んだことを初心者ランナーに伝えたりもしています。

These days, we alternate between running and walking, but we still talk nonstop—even during our races. The comradery we’ve built is just as important to us (if not more!) than the running itself.

最近は、ランニングとウォーキングを交互に行っていますが、相変わらず、ずっとおしゃべりしています(レース中さえもです)。2人の間に築かれた友情は、ランニングと同じくらいか、それ以上に大切なものです。

This article was written by Wendy Meyer from Shape and was legally licensed through the NewsCred publisher network. Please direct all licensing questions to legal@newscred.com.

この記事は、ShapeのWendy Meyerによって書かれ、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じて法的にライセンスされています。ライセンスに関する質問はすべて、legal@newscred.comにお送りください。

FEEDBACK

クリアな思考でアクティブな毎日を。
あなたの人生と脳に、ひらめきと知識を与えるWEBマガジンです。

Easiit Magをご利用いただくと、メールやLINEなどでおすすめコンテンツなどをお届けすることがあります。

OK