認知症の親の介護をするということ@シリコンバレー

by Dean Takahashi | VentureBeat
5点中4.30189点の評価 53

I didn’t write 10 tech or game stories yesterday. Instead, I took the day off and helped my 85-year-old mother move from her independent living studio to her own room in a memory care facility. Instead of learning about new tech, my tasks included things like spackling a wall. It was a lot of work, and the day left me exhausted.

昨日、私はテクノロジー系やゲーム系の記事を10本書く代わりに、1日休みをとって、85歳の母の引っ越しを手伝いました。母は、自立生活型ホームから認知症ケア施設の個室に移ったのです。

普段の文章を書く仕事とは違い、家の壁の穴を補修剤で埋めたりしていました。骨の折れる作業で、1日の終わりにはクタクタになっていました。

My mother has severe dementia. She still remembers me and can even recite her social security number. But her short-term memory is shot. Within a few minutes, she will forget what she said to me. We have repetitive Groundhog Day conversations all the time.

私の母は認知症です。まだ私のことは覚えているし、自分の社会保障番号を暗唱することもできます。しかし、短期記憶はほとんどありません。数分もすれば、何を話したか忘れてしまいます。私たちはしょっちゅう、映画『恋はデジャ・ブ(来る日も来る日も同じ祭事の日を繰り返すことになった男性の物語)』さながらに、同じ会話を延々と繰り返しています。

Taking care of her has been a trial, as I am the sole caregiver, in addition to taking care of my own family. But I believe my experience shows a lesser-seen slice of life in Silicon Valley, where old people tend to be forgotten and new things take center stage.

母の介護はひとつの試練でした。というのも、家庭を持ちながら一人で介護をしなければならないからです。でも私のこの経験は、シリコンバレーという高齢者が忘れられ、新しいものが主役になりがちな街の中で、あまり見られない生活の一面を見せてくれているのだと思います。

 

High costs, degrees of memory loss

最初の引っ越しのきっかけは高い住居費、そして症状が進行したこと

This is not the cheapest place in the world for the elderly. That in itself has been stressful, and I’ve seen two large senior care facilities in my area shut down as landlords look for more lucrative ways to use their property. My mother’s housing costs are moving past $6,300 a month.

シリコンバレーは、高齢者にとって生活費が安い都市とはいえません。それだけでもストレスなのに、私の暮らす地区では、大型の高齢者介護施設が2カ所閉鎖されました。家主がもっと実入りの良い形で土地を活用したいと考えたからです。母の住居費は月70万円近くかかります。

I moved her closer to me in San Jose, California in December 2017. She was just 10 minutes away, and I figured I could keep a better eye on her. But lots of things went awry.

2017年12月、カリフォルニア州シリコンバレーの中心地サンノゼにある我が家の近くに母を引っ越させました。10分ほどの距離なので、もっと目が行き届くようになるだろうと思っていましたが、いろいろなことがうまくいきませんでした。

She didn’t socialize well with the crowd at her new place, partly because of hearing and memory challenges. We saw her once a week or so, but the demands on my time were heavier. I got her a transcription phone, but she really didn’t know how to use it and would often call me five or 10 times a day, asking if I had called her. Her memory got worse and worse. She asked the same questions over and over, like whether the maids were stealing her stuff.

我が家の近くに引っ越した母は、あまり多くの人と付き合いませんでした。原因の一つは聴覚と記憶の問題です。母には週に一度くらい会いに行っていましたが、その時間的負担は次第に重くなっていきました。文字起こし機能のある携帯電話を母に持たせましたが、母はその使い方がよくわからず、1日に5回も10回も私に電話をかけてきては、「私(母)に電話をかけてこなかったか」と尋ねることがしょっちゅうありました。

母の記憶は日に日に悪化し、メイドが盗みをはたらいているのではないか、というような同じ質問を何度も繰り返すようになりました。

 

Moving to the next house

自立生活型ホームへの引っ越し

She hasn’t been able to drive for a few years now, and I took over her finances and have legal power of attorney. I go through her mail. I rented out her place using a management company that does everything via email.

母は数年前に車を運転できなくなったので、私が母の金銭管理を引き受け、法律上の代理権を得ました。母のところに来た郵便物にも、私が目を通しています。Eメールですべて手続きできる管理会社を利用して、自立生活型ホームへの移転を手配しました。

At first, she was pretty independent. But that seems like ages ago. Now she is starting to forget how to manage things like basic hygiene.

はじめのうちは、母はとても自立していましたが、次第に掃除や整理のようなことのやり方を忘れはじめました。

The last straw was that she started getting lost on walks. Twice she was found by the facility’s bus driver, wandering down a busy street, totally lost.

さらに母が散歩中に迷うようになりました。完全に道に迷って、人通りの多い道を歩きまわっていたところを施設のバス運転手に発見されたことも、二度ほどありました。

 

And to our current home

そして現在の家へ

She has less freedom, as of today, but she has better care. The caretakers will lead her around the place, taking her to meals, dispensing her medication, and getting her into group activities.

母の暮らす自立生活型ホームの管理者は、認知症ケア施設への移転を勧めてきました。今日以降、母の行動は前よりも制限されますが、以前よりも良い介護を受けられるようになります。介護職員が施設内を連れて歩いてくれて、食事や薬の面倒も見てくれて、グループ活動にも連れて行ってくれるはずです。

The move took a lot of paperwork. I had to get her assessed for memory care. I arranged for movers, and we took her stuff over. We have downsized her belongings multiple times, from a three-bedroom home in Sacramento to a studio and now to a bedroom within a larger three-bedroom apartment. I’ve got many of our mementos — like my old turntable/stereo and our family samurai swords — locked away in a storage garage.

この認知症ケア施設への引っ越しに際して大量の書類仕事が必要でした。認知症ケアを受けるために、母に検査を受けさせる必要もありました。私たちは引っ越し業者を手配して、母の荷物をまとめました。

最初は我が家近くのカリフォルニア州シリコンバレー近郊の家、次は自立生活型ホーム、そして今度は認知症ケア施設である寝室3部屋の広い集合住宅の中の一室へと移るまでに、母の持ち物を何度も減らしました。私の古いレコードプレーヤーやステレオ、わが家にあった日本刀など、たくさんの思い出の品をガレージにしまいました。

I would say that watching her gradual and inevitable decline has been the toughest part. Fragments of her memory are still there, but she’s pretty helpless at this point. It’s terrifying for her, and it is terrifying for me.

一番辛かったのは、母が少しずつ、そしてどうしようもなく衰えていくのを見ていることでした。母の記憶はまだ断片的に残っていますが、一人ではもう何もできません。それは母にとっても私にとっても辛いことです。

 

Being a caregiver

介護者になるということ

I interviewed John DenBoer about dementia last year.

私は2018年に、Smart Brain Agingnoという会社を始めた神経心理学者ジョン・デンボア(John DenBoer)を取材し、認知症に関する話を聞きました。

John DenBoer gave a TEDx Talk on disrupting dementia.

Above: John DenBoer gave a TEDx Talk on disrupting dementia.

Image Credit: TEDx

写真:「TEDx」で認知症の混乱について語るジョン・デンボア

画像クレジット:TEDx

 

I’ve learned along the way that I am not built to be a great caregiver. I tend to walk fast, and my mother walks slowly. I’m one of those Silicon Valley faster-movers. But I have to really slow down with my mother. Sometimes that’s a great thing to do, and it can lead to surprising conversations. Other times, it’s frustrating.

彼の話を聞きながら、自分が良い介護者になれる性格ではないことを痛感しました。私はつい速く歩いてしまいますが、母はゆっくり歩きます。私はシリコンバレーによくいる「動きの速い人」の1人なのです。しかし、母と歩くときには速度をぐっと落とさなければいけません。ときにはそれも良いものだし、驚くような会話が生まれることあります。ただ、それがイライラの元になることもあります。

I also have to shout or speak loudly when my mother’s hearing aid is on the fritz. She doesn’t remember to put fresh batteries in. And when I’m raising my voice like that, it takes a lot of effort not to sound angry. I found that sometimes having to shout at her actually did make me angry.

また、母の補聴器の調子が悪いときには、どなったり大声で話したりしなければいけません。母は補聴器の電池を交換するのを忘れてしまうのです。そして、そんなふうに声を張り上げるときには、怒っていると思われないようにするために多大な努力が必要になります。母に向かって大声を出さなければいけないという状況に、本当の怒りを覚えてしまうこともありました。

I’m well aware that caregiving requires an entirely different state of mind than the normal things that I do. I have gained a lot of respect for anyone who does it, and I appreciate those who have helped my mother. I feel a certain bond with people who say they have gone through the same thing, like Phil McKinney of CableLabs. I would not wish this on anyone. But taking care of somebody else is good for your soul.

介護には、自分の日常とは全く違う精神状態が必要になります。それは私もよくわかっています。私は誰であれ、介護をしている人を心から尊敬するようになりました。母の支援をしてくれている人たちにも感謝しています。同じ経験をしたと語るケーブルラボ(CableLabs:ケーブルテレビ機器の研究開発・認定のために設立された非営利団体)の代表であるフィル・マッキニー(Phil McKinney)のような人たちには、絆のようなものを感じています。

この経験を誰かにさせたいとは思いません。しかし、自分以外の人の世話をすると自分の精神にも良い影響があるのです。

 

Facilities for dementia care

認知症をケアする施設

Above: Stanford/VA Alzheimer’s Center

Image Credit: Stanford/VA Alzheimer’s Center

画像:スタンフォード//VAアルツハイマー病センター(Stanford/VA Alzheimer’s Center)

画像クレジット:スタンフォード/VAアルツハイマー病センター

 

I have learned some new things during this journey. The Stanford/Veterans Administration Alzheimer’s Center in Palo Alto is doing free memory evaluations for older people. A doctor and nurse separately spent about 45 minutes each evaluating my mother, and then they explained their findings.

この経験を通じて、私はいくつかのことを学びました。パロアルトにあるスタンフォード/VAアルツハイマー病センター(Stanford/VA Alzheimer’s Center)は、高齢者向けに無料の記憶力評価を実施しています。母のケースでは、医師と看護師がそれぞれ45分ずつ検査してから、結果を説明してくれました。

 

The technology industry is still growing

まだ成長途中にあるテクノロジー業界

I set up Wi-Fi in her room via cable TV. I used that to download pictures into a digital picture frame, so she could always see images of her grandchildren, rotating through the frame. Those pictures gave her pleasure and triggered memories.

母の部屋にはWiFiを設定し、デジタルフォトフレームに孫たちの写真をダウンロードし、母がいつでも写真を見られるようにしました。母はとても喜び、記憶を呼び起こすきっかけにもなっていました。

But she would turn it off for some reason. She had cable TV, but she didn’t know how to turn it on with the fancy remote, which had a billion buttons. The voice commands were also something that were just too complicated for someone with dementia to use. Even modern innovations like smart speaker would be too complex for her.

しかし、母は何かの理由で電源を切ってしまうことがありました。フォトフレームだけでなく、テレビなど、無数のボタンが付いた小難しいリモコンを使ってどうすれば電源をオンにできるのか、母にはわかりませんでした。

音声コマンドも、認知症の母が使うには複雑すぎる代物でした。スマートスピーカーのような最先端のイノベーションでさえ、母には難しすぎました。

 

Don’t forget about the elderly

高齢者のことを忘れてはいけない

As I noted earlier this year, I was pleasantly surprised to see so many new tech companies focus on older people, elder health, and related issues. For so many years, designers just forgot about old people. But millions upon millions of them need some kind of help.

高齢者や高齢者医療に関連する問題に注力する新しいテクノロジー系企業が非常にたくさん生まれていることには、嬉しい驚きを感じています。あまりにも長い間、デザイナーたちは高齢者を置き去りにしてきました。しかし、なんらかの支援を必要としている高齢者は何百万人、何千万人にのぼります。

The AARP said in “2019 Tech Trends and the 50+” that 115 million Americans over 50 represent an enormous market for technology and that by the end of the next decade this group is projected to spend $84 billion on tech products.

AARP(旧全米退職者協会)は、「2019年版 テクノロジートレンドと50歳以上の人たち2019 Tech Trends and the 50+」のなかで、米国では50歳以上の層が1億1500万人にのぼり、この層がテクノロジーにとって巨大な市場になっていると指摘しています。また、2030年までに、この層がテクノロジー系製品に9兆円以上を費やすようになると予想しています。

But we are not in tech heaven yet. Are there things I wish for? Better services for the elderly, for sure. Better insurance, yes. Lower costs, of course. Technology that really helps. Not just for my mother, but for the stressed-out caregivers as well. Anything that gives me more time to deal with her and my own family.

しかし、私たちはまだテクノロジー天国にいるわけではありません。私が求めるものは世の中に存在しているでしょうか?より良い高齢者サービスや保険は間違いなく欲しいですし、安ければもちろん嬉しい。

私が求めているのは本当に役に立つ技術です。私の母だけではなく、ストレスでヘトヘトになった介護者のためにもなる技術。私に時間的余裕を与え、母や自分の家族ともっと触れあえるようにしてくれるものが欲しいのです。

Taking care of my mother is rewarding. And there is no one responsible for doing it except me. But I’ll take any help I can get.

母の介護にはやりがいがあります。その責任を負う者は私の他にはいませんが、私は借りられるものならどんな助けでも借りるつもりです。

For the young folks of Silicon Valley, I would say that you should not forget about the elderly and their problems. You should apply your brains to help them. Because one day the loss of youth and the fading of memory will also be your problem.

シリコンバレーの若い人たちに伝えたいのは、「高齢者とその問題を忘れてはいけない」ということです。あなたがたの頭脳を、高齢者を助けるために使ってほしい。若さを失い、記憶が消えていくという問題は、将来的にあなたがた自身の問題にもなるのですから。

 

This article was written by Dean Takahashi from VentureBeat and was legally licensed through the NewsCred publisher network. Please direct all licensing questions to legal@newscred.com.

この記事は、VentureBeatのDean Takahashiによって書かれ、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じて法的にライセンスされています。ライセンスに関する質問はすべて、legal@newscred.comにお送りください。

FEEDBACK

イイね!ボタンを押したり、記事へコメントすることでマイルが付与されます。

Easiit Magをご利用いただくと、メールやLINEなどでおすすめコンテンツなどをお届けすることがあります。

OK