誰にでもできる、「自分は朝型」と自分に思い込ませる方法

by Lauren Wicks | EatingWell
5点中3.96809点の評価 94

After years of hitting snooze multiple times each morning, I’ve found a simple way to get out of bed and start my day happily.

私は長らく朝が苦手で、目覚ましのスヌーズボタンを何度も押さないと起きられませんでした。でも、すっきり起きて一日をスタートするシンプルな方法が分かったのです。

I remember my college self once saying that the “adult world’ would be much less stressful than my current college life. I felt like I was always busy running from classes to meetings to study sessions and then trying to find an outfit for a date. I laugh at my *extremely* naive college self several years later, since the “adult world” doesn’t allow most of us to start our day at noon or squeeze in a 3 p.m. run simply because the weather is beautiful. I quickly realized that if I wanted to accomplish all of my goals each day, I had to wake up earlier. Like, before the sun earlier. But that was something I never thought I would be capable of.

大学生の頃は、授業、ミーティング、勉強会、それが終わればデート服のショッピング。いつも忙しく駆け回っていたので、社会人になれば大学生活よりもストレスがずっと減るはずだと考えていました。

でも数年後には、大学時代の自分があまりにナイーブだったと笑うことになります。社会人は、昼まで寝ていることも、午後3時に天気がいいからと走りに行くこともできないのです。例えば、自分のやりたいことを毎日やろうと思ったら、それこそ日の出前に早起きするしかないのだと気づきました。でも、そんなことは自分にはできないと思っていました。

woman stretching arms up while sitting on bed

skaman306 / Getty Images

写真:skaman306 / Getty Images

When I began working my first “big girl” job, I quickly found myself exhausted at 5 p.m., with barely enough energy to whip up dinner (much less sneak in a run beforehand). My weight started to creep up, as I was spending most of the day in a sedentary state and then coming home to sit on the couch—which was not like me. I finally decided I would try taking a morning workout class and see how it went.

初めて社会人として働き始めた頃、午後5時にはクタクタに疲れてしまい、簡単な夕食すら作る元気がありませんでした(その前に走りに行くなんてもっての外でした)。座っている時間が長く、帰宅してもソファーの上で過ごしていたので、体重が増え始め、自分が自分ではなくなったかのようでした。そこで意を決して、早朝エクササイズ講座に参加してみることにしたのです。

I absolutely loved my first early morning workout class, and it left me with a great sense of accomplishment. It felt empowering to work up a sweat before most of the world was even awake, and I felt energized—until about 2 p.m.

初めての早朝エクササイズ講座はとても楽しく、まだ多くの人が寝ているうちから汗をかくことで自信が得られ、大きな達成感を味わえて、エネルギーがわいてきました。とはいえ、それが続くのは午後2時くらいまででした。

Many of us know the afternoon slump all too well, but after waking up an hour before my normal wake-up time, I was really feeling it. My new morning workout regimen stopped seeming so great after all. Maybe I was just destined to be a night owl, I thought.

一般的に午後になると疲れを感じると言われていますが、私もいつもより1時間早く起きるようになってから、それをひしひしと感じました。早朝エクササイズという新習慣もそれほど魅力的に感じなくなり、やっぱり自分は夜型なのかもしれないな、とも思いました。

I finally realized I needed to create a sleep schedule and find a relatively consistent wake-up time every day, instead of going back and forth from waking up at 5:30 one morning for a cycling class and then sleeping in until 7 a.m. the next. Setting my alarm for 6 a.m. most mornings helped give me a little more balance, in that I had some flexibility to get up 30 minutes earlier for class or 30 minutes later if I *really* needed some extra sleep.

そのうちに、毎日大体同じ時間に起きられるように睡眠スケジュールを組む必要があると気づきました。サイクリング講座の日は朝5時半に起きるけれど次の日は7時まで寝ているという不規則な睡眠スケジュールではなく、ほぼ毎朝6時にアラームをセットして、講座がある日は30分早めに起き、どうしても睡眠が足りない時は30分長く寝るようにしたら、バランスが取りやすくなりました。

Mornings when I didn’t have a class scheduled, I would get up and brew a pot of coffee, spend some time reading and then either run out the door for a workout or a few errands. Then I wouldn’t have to come home stressed about dinner or feel guilty for plopping on the couch afterwards, because I had already meal prepped or vacuum the floors to my favorite Spotify playlist that morning.

参加予定の講座がない朝は、起きてコーヒーを入れ、少し本を読んでからランニングをしたり用事を済ませたりしました。朝のうちに、音楽アプリでお気に入りの曲を聞きながら夕飯の支度や部屋の掃除を済ませておくと、帰宅後に夕飯のことで悩んだり、食後にソファーでゆっくりすることに罪悪感を抱かなくなっていきました。

In trying to become a morning person by creating a sleep schedule, I actually looked forward to engaging my brain first thing in the a.m. And because I was excited to squeeze in some “me time,” I didn’t want to crawl back under the covers. The excitement of the cozy aroma of coffee filling my house (and then my favorite mug) along with having a quiet time to read—something I rarely do outside of work these days—is just the motivation I need to get out of bed and get moving. I have now even started teaching barre classes that require me to leave my house around 5:30 some mornings—and even so, I still make my coffee and get a quick reading session in. I think this means I have achieved “morning person” status!

睡眠スケジュールを作って朝型人間を目指すうちに、朝一番で頭を働かせることが楽しくなりました。「自分の時間」を捻出することが楽しく、布団に戻りたいと思わなくなりました。コーヒーの心地よい香りで家じゅうが(そしてお気に入りのマグが)満たされ、最近仕事以外ではめったにない静かな読書のひとときを持てることを思うと、楽しくなって、布団を出るためのモチベーションになります。

今ではバーエクササイズ講座を教えるようになり、朝5時半ごろに家を出る日もあります。それでもコーヒーを入れて短い読書の時間を作るようにしています。これはもう、私は「朝型人間」になったと言って良いでしょう!

If you don’t enjoy exercise, there’s no need to try to run out the door first thing and get in a workout. Most of the time, it will lead to hitting “snooze” and ditching your sweat sesh. Easing into the day with journaling, baking some healthy muffins or picking up where you left off in your library book is a much more enticing way to start the day, don’t you think?

エクササイズが好きではないなら、朝イチで運動しようと頑張る必要はありません。大抵の場合、スヌーズボタンを押してエクササイズをサボることになるでしょう。それより、一日の初めにゆっくりと日記をつけたり、ヘルシーなマフィンを焼いたり、本棚にある読みかけの本を開いてみたりするほうが魅力的ですよね。

And who knows, after 20 minutes of doing something good for the soul, you may be ready to get out there and take a walk while listening to your favorite podcast or meet up with a friend to bike a nearby trail. Don’t be afraid to experiment and find what works best for you!

そして、心の健康に良いことを20分も続ければ、お気に入りのポッドキャストを聞きながら散歩したくなったり、友達と近所をサイクリングしたくなったりするかもしれません。恐れずにいろいろ試してみて、自分に合った方法を見つけてください!

 

This article was written by Lauren Wicks from EatingWell and was legally licensed through the NewsCred publisher network. Please direct all licensing questions to legal@newscred.com.

この記事はEatingWellのローレン・ウィックスによって書かれ、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じて法的にライセンスされています。ライセンスに関する質問はすべて、legal@newscred.comお送りください。

FEEDBACK

イイね!ボタンを押したり、記事へコメントすることでマイルが付与されます。

Easiit Magをご利用いただくと、メールやLINEなどでおすすめコンテンツなどをお届けすることがあります。

OK