【連載】忙しい人こそ、地中海式食事法を vol.4

第4回 おつまみだけじゃない!オリーブの実を料理に使う

地中海式食事法にオリーブオイルは欠かせませんが、地中海沿岸の人々は、オリーブの実そのものもよく食べます。種類豊富なオリーブの塩漬けなどが市場で量り売りされている光景を、旅行で見られた方も多いのでは?

GettyImages-1166258494s.jpg

「オリーブの塩漬けやピクルスは、日本人にとっての漬物みたいなもので、地中海沿岸の食卓には欠かせないものなんです。オイル同様、オレイン酸やポリフェノールが含まれています。現地の人はそのまま食べるだけではなく、料理にもよく使っていますよ」と、荻野先生。

今回は、オリーブの実を使った料理を教えていただきます。まずは、作り置きができる便利なペーストから。

レシピ01

タプナード(オリーブのペースト)

191120ue012s.jpg

南フランスなどでポピュラーなタプナード。オリーブの実に、にんにく、アンチョビなどを加えてすりつぶした、オリーブの酸味と濃厚な風味が魅力のペーストです。

タプナードがあれば、いつもの料理が簡単に地中海風に。そのままパンに塗ったり、パスタやサンドイッチ、オムレツなどに添えたり、パスタソースや、魚や肉に添えても美味。マッシュルームやしいたけをグリルで焼いて、タプナードをのせれば、おしゃれな一品になります。保存が効くので(冷蔵庫で1週間程度)、週末に作っておくと便利です。

「今回は黒オリーブを使いましたが、緑オリーブでもまた違う味わいを楽しめます。種なしのオリーブを使っても良いですが、種ありの方が風味が良いので、種ありをお勧めします。種を取るのがちょっと手間ですが、おいしいほうがいいですよね」

ということで、簡単な種の取り方も教えていただきました!

材料(作りやすい分量)

黒オリーブ  100g

ケイパー  25g

アンチョビ   25g

にんにく(すりおろし)  1かけ分

レモン汁    大さじ1/2

オリーブオイル 大さじ2

191120ue006s.jpg

<作り方>

1 オリーブの種を取る。カップなどの底で実を潰すと種が簡単に外れ、実も柔らかくなって一石二鳥。

191120ue004s.jpg

2 ミキサーに1と残りの材料を全部入れ、細かくなるまで粉砕する。オリーブを細かく刻み、すり鉢ですり潰してもいいです。

191120ue011s.jpg

レシピ02

サワラのグリル タプナード添え

タプナードは、特に魚との相性が抜群。淡白な白身魚や、イワシなどの青魚に塗って焼くと、いつもの焼き魚が地中海風のごちそうになります。タプナードが焦げやすいので、魚を8分目位に焼いてから塗るのがコツ。レモンをたっぷり絞ってどうぞ。

191120ue037s.jpg

材料(2人分)

サワラ(切り身) 2切れ

塩、こしょう、オリーブオイル  各少々

タプナード  適量

レモン  適量

ディル(飾り用) 適量

<作り方>

1 サワラに塩、こしょう、オリーブオイル各少々を振り、10分ほど置く。オリーブオイルを振ると、身がしっとりとする。

191120ue034s.jpg

2 1をグリルで焼く。8〜9分目焼けたら、上にタプナードを適量のせてさらに1分程度焼く。焦げないように注意!

191120ue035s.jpg

3 2を皿に盛り、レモンとディルを添える。

レシピ03

鶏肉とオリーブのタジン

タジンはモロッコの蒸し煮料理です。鶏肉とじゃがいも、オリーブのタジンは、伝統的な組み合わせだそう。タジン鍋がなくても、蓋のできる鍋で大丈夫。土鍋でもおいしく作れます。第3回に作った塩レモンも使って、風味豊かに仕上げましょう。

▶塩レモンの作り方はこちら

191120ue039s.jpg

タジン鍋は三角帽のような蓋が特徴です。水が貴重な地域なので、食材の水分だけで蒸すために、蒸気を逃さない作りになっています。

モロッコのタジン鍋.jpg

(写真は、モロッコのタジン鍋)

材料(2人分)

鶏もも肉  1/2枚(150g)

塩、こしょう 少々

玉ねぎ   1/4個、

にんにく、生姜  各1かけ

じゃがいも  1個

オリーブの実(黒) 5粒

塩レモン  1/4個分

カレー粉   少々

こしょう 少々

オリーブオイル  大さじ2

イタリアンパセリ(飾り用)  少々

*塩レモンがない場合は、レモンを薄切りして塩を多めにまぶして少々置く。

191120ue013s.jpg

<作り方>

1 鶏肉は一口大に切り、塩、こしょう各少々を振る。玉ねぎ、にんにく、生姜は薄切りにし、じゃがいもは7mm幅の輪切りにする。

2 鍋にオリーブオイルと1を入れ、オリーブの実、塩レモン、カレー粉、こしょう、水大さじ2(分量外)を加え、蓋をして弱めの中火で12~13分煮る。

3 器に盛り、イタリアンパセリを飾る。

荻野先生.jpg

荻野恭子(おぎの・きょうこ)

プロフィール:料理研究家、栄養士、フードコーディネーター。

女子栄養短期大学卒業。和・洋・中・エスニックのエキスパートから料理技術を修得。海外の食文化研究のために、各国の食べ歩きと取材を始める。有名レストランへの訪問や一般家庭へのホームステイを通じて、あらゆる料理を取材し、執筆した書籍多数。現在は、教室主宰や講演会活動、メディア出演などに幅広く活動している。

https://www.cook-ogino.jp/

編集:株式会社エアリーライム 構成・ライター:菅野和子 カメラマン:井上孝明

写真を撮るだけ!かんたん食事管理

Easiitアプリなら、食事を撮影し、写真の登録とメニューの選択をするだけで、カロリーと11種類の栄養素が自動解析されます。
毎日3回の食事管理も維持しやすくなります。
ダウンロードする

Easiitアプリについて詳しく知る

FEEDBACK

クリアな思考でアクティブな毎日を。
あなたの人生と脳に、ひらめきと知識を与えるWEBマガジンです。

利用規約に同意してEasiit Magを利用する

OK