ジェニファー・ロペスの食事は健康的?

by Lauren Wicks | EatingWell
5点中3.94615点の評価 130

Lopez and her trainers revealed the triple threat’s diet plan to stay svelte and seemingly ageless.

ジェニファー・ロペスは、年齢を感じさせないスリムな美しさを維持するためにバランスのとれた食生活を心がけています。その内容を、本人と専属トレーナーが明かしてくれました。

Whether you know as Jenny from the Block or lately as Joanna Gaines’ new BFF, you know J.Lo. The triple threat is currently filming a movie, hosting World of Dance, getting ready for her first concert tour in almost seven years, and planning a wedding. And she looks killer doing all of it. I’ve come to believe she’s like a fine wine that just gets better with age.

ジェニファー・ロペス、通称J.Loのことは誰もが知っています。ヒット曲「ジェニー・フロム・ザ・ブロック」で知っていたり、最近では、有名インテリアデザイナー、ジョアンナ・ゲインズの親友として知っている人もいるでしょう。いずれにせよ、歌手、女優、ダンサーと三拍子揃った実力を備えるJ.Lo は2019年現在映画の撮影中。さらには、リアリティ番組「ワールド・オブ・ダンス(World of Dance)」の司会を務め、約7年ぶりとなるコンサートツアーに向けて準備をし、自身の結婚式も控えています。これほど多忙であるにもかかわらず彼女は輝いています。J.Loは年齢を重ねるとともに成熟していく上質なワインのような女性なのだと私は考えるようになりました。

What’s the secret to that six pack at 49, you ask? Well, the team at Good Housekeeping took a deep dive into Lopez’s eating habits so we could all know her tips. Having a personal trainer obviously helps, but she can attest most of her results to a seriously clean diet.

50歳にして割れた腹筋を維持できるのはなぜなのでしょうか?その秘密を探るべく、女性誌「Good Housekeeping」がJ.Loの食生活を詳しく調べました。専属トレーナーという味方がいるのはもちろんですが、体型を維持できているのは主に徹底的にクリーンな食生活のおかげです。

Now I’m not even mad she looks better than me at almost 50 years old, because that girl deserves it. Here’s exactly what Lopez eats in a day:

同年代の私よりもはるかに素敵に見えるJ.Loを見ても、もう全く腹が立ちません。彼女が素敵なのは当然なのです。彼女が毎日どんなものを口にしているのか見てみましょう。

Breakfast

朝食

  • Protein shake with berries, Greek yogurt, honey, cinnamon, and ice OR
  • Oatmeal with berries
  • ベリー、ギリシャヨーグルト、蜂蜜、シナモン、氷の入ったプロテインシェイク
  • または、ベリー入りのオートミール

J.Lo is a girl after my own heart and likes to kick off her day with something sweet. We like to think she’d love our Ultimate Healthy Breakfast Smoothie, resembling her own recipe, and we hope she’s stumbled upon The Only Basic Oatmeal Recipe You’ll Ever Need, because, really, it is!

J.Loは1日の始まりに甘いものを口にするのが好きです。

スムージーやオートミールは、朝食として断然おススメです。J.Loはコーヒーなどのカフェイン入りドリンクは一切口にしないようですが、私はまだその境地ではありません。でも彼女は我慢しているようには見えませんね。

I can definitely get behind a smoothie or bowl of oats for breakfast. But she doesn’t drink coffee-or caffeine of any kind-and I’m just not there yet. But it doesn’t seem to hold her back!

Lunch

昼食

  • Kale salad with pumpkin seeds, crumbled queso, minced shallots, and a lemon juice-olive oil dressing OR
  • Salmon salad with zucchini, bell peppers, broccoli, and a “drizzle” of vinaigrette
  • ケール、カボチャの種、砕いたケソ(メキシコのチーズ)、みじん切りのエシャロットに、レモン汁とオリーブオイルのドレッシングをかけたサラダ
  • または、サーモン、ズッキーニ、パプリカ、ブロッコリーに、ヴィネグレットソースをかけたサラダ

I’m down for a hearty salad every once in a while, but either of those would be pretty tough for me to eat every single day. It’s very admirable, as she is making it that much easier to get her five servings of veggies in each day-but chances are she probably strives for even more.

栄養満点のサラダをたまに食べるのは歓迎ですが、こうしたサラダのどちらかを毎日欠かさず食べるとなると、私にはかなり難しいかもしれません。日本でも農林水産省が推奨している1日の野菜摂取量(5皿分、約350g)を J.Loが簡単に達成しているのは素晴らしいことです。しかし、彼女はもっと多くの野菜を摂取するよう心がけている可能性もあります。

Snacks

間食

  • Handful of nuts
  • Fresh fruits and veggies
  • ナッツひとつかみ
  • 新鮮な果物と野菜

J.Lo says she eats a handful of nuts every day and always keeps fresh fruits and veggies on hand for herself and her kiddos. I think it’s safe to say her 11-year-old children are probably healthier than most of us.

J.Loによると、毎日ナッツをひとつかみ食べているほか、自分と子どもたちのために、新鮮な野菜と果物をいつでも食べられるよう用意しておくのだそう。11歳になる双子の子どもたちは、とても健康的だと言えそうです。

Dinner

夕食

  • Lean protein (she loves all kinds of meats and seafood), veggies, and a complex carb like brown rice or sweet potatoes
  • 脂肪分の少ないたんぱく質(J.Loは肉も魚介類も大好き)と、野菜、玄米などの炭水化物やさつまいも

Lopez opts for an early, light dinner, which is supposed to be much better for your digestion and sleep quality. She shoots for 6:30 p.m. for family dinner, and yes, her kids eat this too. That aside, this meal sounds great, and I’m glad there’s a celebrity out there who still eats carbs.

J.Loは、軽い夕食を早めにとるようにしていますが、そのほうが消化にも睡眠の質にもずっと良いと彼女は考えています。家族との夕食は夕方6時30分にとるようにしていて、もちろん、子どもたちも同じものを食べています。それはともかく、彼女の夕食はバランスがとれていますし、炭水化物を口にするセレブがまだ存在するとわかって安心しました。

Dining Out

外食

  • Salad
  • Fish and vegetables
  • サラダ
  • 魚と野菜

Indulgences

自分を甘やかしたい日のおやつ

  • Chocolate chip cookies
  • Chocolate chip ice cream
  • Cake
  • チョコチップクッキー
  • チョコチップアイスクリーム
  • ケーキ

J.Lo  definitely has a sweet tooth, and these are her go-to treats when she’s having a craving. Celebrities, they’re just like us! But I do appreciate she doesn’t “indulge” on a gluten-free, vegan, paleo energy bite or something like that. Just like in life, she goes BIG. And she can certainly afford to!

J.Loは、間違いなく甘いもの好きです。そして、どうしてもスイーツが欲しくてたまらないときに食べるのが上記のお菓子です。セレブだって私たちと同じ人間です! 彼女の「自分を甘やかしたい日のおやつ」が健康を意識したものでないのはありがたいことです。J.Loは生き方もビッグですが食べるときもビッグです。そして、彼女なら時々ビッグに食べても全然差し支えありません!

Final Thoughts

最後に

I reached out to our Cooking Light and EatingWell’s Nutrition Editor, Lisa Valente, MS, RD, to see what she thinks about J.Lo’s diet. Here’s what she thought:

Cooking LightEatingWellの栄養担当エディターで栄養学修士ならびに公認栄養士でもあるリサ・バレンテに、J.Loの食生活について意見を聞きました。

“It sounds like she has a healthy approach to her overall diet but also works really hard to take care of her body,” Valente said. “But I love that she enjoys the indulgent foods she loves-in moderation-and doesn’t deprive herself. Getting in complex carbohydrates like fruit, oatmeal and sweet potatoes also give her important vitamins, minerals and fiber in her diet.”

「健康的な食生活に取り組んでいるようですが、体型維持のためにかなり努力もしているのでしょう」とバレンテ。「でも、控えめではあるものの、大好きな甘いものを我慢せず楽しんでいるところに好感が持てます。果物にオートミール、さつまいもなど、複合炭水化物を取り入れているので、重要なビタミンやミネラル、食物繊維も摂取できています」

While Valente doesn’t necessarily recommend J.Lo and A-Rod’s 10-day no-sugar, no-carb challenge that went viral on social media a few months back, she thinks this less restrictive (but still super healthy) diet plan is much more reasonable.

J.Loと元メジャーリーガーの婚約者アレックス・ロドリゲスの「炭水化物と糖質を完全に断つ10日間チャレンジ」が前にソーシャルメディアで話題となりましたが、必ずしも推奨できるものではないとバレンテは言います。ここで紹介したような制限の少ない(しかし依然としてとても健康的な)食生活の方がずっと適切だそうです。

However, blindly eating whatever someone else eats in hopes of better health (or, let’s face it, rockin’ abs for summer), is not always your best bet. Listening to your body’s individual needs and consuming foods that are both healthy and enjoyable to you is much more sustainable than trying to follow a rigid diet.

とはいえ、健康を改善したい(あるいは夏に向けて腹筋を引き締めたい)と願っていても、他人の食生活をやみくもに真似るのが最善策というわけではありません。自分の体が欲するものに耳を傾け、健康的で楽しめる食事をとる方が、厳密な食事制限にこだわろうとするよりもはるかに長続きするのです。

This article originally appeared on CookingLight.com

この記事は最初に「CookingLight.com」に掲載されました。

This article was written by Lauren Wicks from EatingWell and was legally licensed through the NewsCred publisher network. Please direct all licensing questions to legal@newscred.com.

この記事は、EatingWellのLauren Wicksによって書かれ、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じて法的にライセンスされています。ライセンスに関する質問はすべて、legal@newscred.comにお送りください。

FEEDBACK

イイね!ボタンを押したり、記事へコメントすることでマイルが付与されます。

Easiit Magをご利用いただくと、メールやLINEなどでおすすめコンテンツなどをお届けすることがあります。

OK